« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

板橋文夫 ピアノ、最高!

11月22日、板橋文夫ピアノソロライブ

またまた最高でした。
板橋さんの「疾走するピアノは、なぜかあたたかい」と、私はチラシに書いているのですが、
なぜ、こんなに心にとどくのかな?
怒涛のうねり、叩きつける怒り、それでいいよと聞こえる囁き、

ありがとうねの優しい声、いろんな感情が聴こえて来て、

この場の一人ひとりが自身に重ね合わせて聞いていました。
心の中で、あるいは直接、涙が出る最高の演奏でした。
2013年ありがとうございました。
2014年は3月に、ピアノソロ4回目(通算5回目)開催です。
ご参加お待ちします。東京琉球館

1122

ナーグシクヨシミツ ソロライブ

2013年最後になる、ナーグシクヨシミツソロライブ。

琉球弧独立、すべての生命の尊厳が守られる世界へ、思いを共有しながら、ヨシミツさんにたくさん歌っていただいた2013年でした。

昨夜は、締めくくるに相応しい貴重なライブになりました。

琉球のご先祖様と、ライブの時間・空間を共にした人々の思いが、重なっていることを実感できました。

2014年もヨシミツソロライブ、飛ばしていきます。

またご参加ください。

ありがとうございました。東京琉球館

1124

2013年11月23日 (土)

ナーグシクヨシミツ ソロライブ(明日24日)

2013年最後になるはず、ナーグシクヨシミツソロライブ

11月24日(日)午後6時から

予約2500円 当日3000円(1ドリンク付)

dotouch2009@ybb.ne.jp

Photo

2013年11月19日 (火)

板橋文夫ピアノソロライブ 4

今週金曜日に迫りました。

板橋文夫ピアノソロ

11月22日(金) 午後7時半から

東京琉球館

山手線駒込駅東口から2分

前回8月24日ライブで、もどらなかった白鍵、修理中。

板橋さーん、皆さーん、お待ちしています!

Photo

太田昌国の世界23「民衆の上に立つ『国家』」

11月の太田昌国の世界

11月29日(金)午後7時から

23

2013年11月18日 (月)

旅の深層 お話とパーティ

「旅の深層」出版記念
お話と交流パーティ
12月18日(水)午後7時
「行きつくところが、行きたいところ」。
うーむ。組原洋さんのたびは、流れに逆らわず、情に流されず、気楽に
のように見えて、「行きたいところに」行きついているのです。
生き方のことでもあるかもしれません。それにしても、不思議な旅路の連続です。
新しい世界の出逢いに、ご参加ください。
世界料理(ちょっと大げさか?)のパーティー付
参加費3000円、
東京琉球館(豊島区駒込)
dotouch2009@ybb.ne.jp
Photo

2013年11月15日 (金)

林世功

11月20日、午後7時

2

知念ウシ『シランフーナーの暴力』出版

2013年9月19日、知念ウシが新刊出版しました。

来年1月、東京琉球館でも、祝いの宴を開きます。

ウシはあとがきに、「日本人の反応は」と書いています。

ぜひご参加ください。

Photo

2013年11月12日 (火)

「琉球の国家祭祀制度」

明日13日から、「琉球の国家祭祀制度」読書会始まります。
午後7時から。
第一回は、序章と、第一章一節です。
事前にお読みになってご参加ください。
月2回のペースで、読み終わるまで続けます。
参加費1000円、飲み物と軽食をご用意します。
dotouch2009@ybb.ne.jp
東京琉球館 山手線駒込東口2分
Photo


うるまネシア 16号 追加入荷

16号 品切れしていましたが入荷しました。

500円 送料80円です。dotouch2009@ybb.ne.jp

12月発行の17号から、800円になります。

16

2013年11月11日 (月)

2014沖縄手帳

2014年版・沖縄手帳、ご注文お持ちします。

880円。クロネコメール便(送料80円)にてお送りできます。

ただし、11月中のご注文は、1冊800円の早割です。

dotouch2009@ybb.ne.jp

Blog

2013年11月10日 (日)

ハートをつなごう

来年開催講座のお知らせ。

LGBTについて、ちゃんと知りたい。本を買った。

このことを気づかせてくれた、美紀くんの力を借りて、1月23日から、琉球館的「ハートをつなごう」学校を開講します。楽しみです。知ること、出会うこと。

詳細は、後日。まず本を読みます。

Photo

2013年11月 6日 (水)

『たった一度の物語」

Photo

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »