« 雄大さん、いよいよ明日 | トップページ | 太田昌国の世界 17 »

2012年11月11日 (日)

九州市長会「オスプレイ沖縄配備撤回」決議難色。

118

118日、琉球新報から。

九州市長会、「沖縄へのオスプレイ配備を求める決議」持ち越し。

「沖縄県の負担軽減」の文言に修正。

「決議」差し戻し・修正の理由

・・「決議すれば、沖縄以外の県に持ってきていいよということになる」。

こういう主張が「市長会」で、なんら問題なくかわされることの異常。

しかし、これが、これまで隠してきたヤマトゥ(沖縄以外の日本)の「真実」。市長たちは沖縄の状況をよーく分かっているから、オスプレイも、基地も、沖縄に押し付けておきたいのだ。

琉球よ、もうヤマトゥへの幻想は捨てて、自ら起ちあがろう。

左下写真、民家の軒のすぐ上を低空飛行するオスプレイ。ドアから身を乗り出す米兵がはっきり見える。

« 雄大さん、いよいよ明日 | トップページ | 太田昌国の世界 17 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雄大さん、いよいよ明日 | トップページ | 太田昌国の世界 17 »