« うえち雄大の宮古人頭税物語「中村十作」 | トップページ | 雄大さん、いよいよ明日 »

2012年11月 7日 (水)

植民地沖縄は

116

日本の新聞を読んでいないので、どう報道されたのかわからないのですが、

琉球新報11月6日の一面です。

事件は2日午前1時ころに起きた。

琉球新報、3日の一面は

「米兵 中学生を殴打」

「酔って民家侵入  外出禁止さなか」

「県警、容疑聴取できず」

官房長官『身柄求めず』」

腹立たしい。

事件についての捜査も聴取もないうちに

日本国の官房長官は早々と『身柄求めず」発言。

被害者の立場に立つことなど全くなく。

日本国は、沖縄に住んでいるのは

同じ人間とは思っていないのだ、と

また、知った。

6日付の新聞「県警・・・」とあるが沖縄県警が判断したのではない。

琉球人よ

どうするか、

応えはあきらかだ、と

私は思うのですが。

« うえち雄大の宮古人頭税物語「中村十作」 | トップページ | 雄大さん、いよいよ明日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うえち雄大の宮古人頭税物語「中村十作」 | トップページ | 雄大さん、いよいよ明日 »