« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

10月・11月イベント予定

1028_2

11月9日は、うえち雄大さん、どぅたっち初ライブ

Photo_3

反逆の女たちに出逢いなおす 5回目

_convert_201210211837021_2

思いっきり歌っても大丈夫なライブです。

Photo_4

ご参加お待ちしています。

dotouch2009@ybb.ne.jp

2012年10月20日 (土)

ちょんみさんとパーッとパーティライブ 予約受付

今年も恒例のライブを12月22日(土)午後6時開催。

ご予約は2か月前にあたる、10月23日(火)午前11時からです。

これでもかこれでもかと、命が踏みにじられ続ける日々で、皆様の時間も心も、やすまる暇がない状況と想像します。心嬉しい時間を準備いたしますので、ぜひご参加ください。

Photo_2

dotouch2009@ybb.ne.jp

03-5974-1333

教えられなかった戦争 第二の侵略 ―開発・投資・派兵― フィリピン

2008年に亡くなられた、高岩仁監督作品上映会。亡くなられてから毎年1月に開催し、5回目になります。

「教えられなかった戦争 第二の侵略 

  ―開発・投資・派兵― フィリピン」

1月27日(日)午後1時45分から 

東京ウイメンズプラザホール

(最寄駅渋谷・表参道)

前売り券1300円

学生 1000円

高校生以下 無料

チラシ配布のご協力、前売り券のお求めは

dotouch2009@ybb.ne.jp

琉球センターどぅたっちまで。

13a

13b

2012年10月19日 (金)

「琉球救国運動 抗日の思想と運動」

どぅたっち読書会 第二期は

「琉球救国運動」(後田多敦・著)です。

12月あるいは年明け1月早々開始。

参加ご希望の方は事前にご連絡ください。

dotouch2009@ybb.ne.jp

書籍はどぅたっちで販売中(3800円)

Convert_201210190934401

2012年10月18日 (木)

2013年沖縄手帳

2013年版沖縄手帳入荷しました。

880円。メール便でお送りできます。

ご注文ください。

黒・イエロー・ベージュ、3色です。

2013_convert_201210181021021

dotouch2009@ybb.ne.jp

fax 03-5974-1333

琉球センターどぅたっち

2012年10月16日 (火)

10月18日 どぅたっちCINEMA

Act_of_war_3

18日(木)午後7時から

上映時間58分

その後、「離島の帝国・・マリアナ諸島にあるアメリカ」

(これは3度目の上映です)上映。

参加費 無料

但し、1ドリンクとおにぎり付のため、

この代金500円をご負担下さい。

dotouch2009@ybb.ne.jp

山手線駒込駅東口1分

東京琉球館=琉球センターどぅたっち

2012年10月13日 (土)

Photo

「りゅう子の白い旗」文・新川明、版画・儀間比呂志、さらに 知念ウシ翻訳の英語版もセットになっています。本体2000円、送料 メール便160円。

ご注文お待ちします。プレゼント包装も致します。dotouch2009@ybb.ne.jp

2012年10月12日 (金)

佐渡山豊ライブ報告

Photo

昨日10月11日。佐渡山豊ライブ。

比嘉豊光の写真「全軍労 沖縄闘争」の映像をバックに歌う。

米軍占領下の沖縄・KOZAで生まれ生きた日々のことを

その時、KOZAの暮らしを写すように、歌った。

新聞配達をしながら、子どもの佐渡山豊が知ったKOZA。.

ボーイスカウトとして、体感した、「米軍」「沖縄」。

語り、歌う2時間半、最後はドゥチュイムニィ。

そして、アンコール2度。

最後にリクエストした、私の好きな琉球詩人・矢野克子の

「飛ぼうよ二人で」を。

矢野克子は中国で客死した兄・徳田球一と二人で、ふるさと沖縄で飛ぼうと歌っている、と説明した。琉球人として佐渡山さんが寄せる思いが感じられた。徳田球一の命日は、明後日14日。

2012年10月 6日 (土)

「琉球独立への道」講演会、意義深く

Kouen

昨日、5日、松島泰勝さんに講演いただいた。

37名もの方が参加くださり、これほど多くの方が琉球弧の独立に関心を持っていて下さるのだと(プラスの関心)知り、私の予想を大きく上回っていました。2時間の講演、休憩をはさんで一時間20分ほどの質疑。琉球人の参加は5名でしたが、日本人の若い方のまっすぐな受け止め方、琉球を知っていきたいという思いが、心強く伝わってきました。松島さんの講演をまた繰り返し開催し、意見を交わし合いながら、独立への道を深めていきたいと思いました。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »