« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

太田昌国の世界 その13

Photo

奇数月の最終金曜日は、太田昌国さんおお話を伺います。

3月30日(金)午後7時から

吉本隆明って誰?

という皆さん

ぜひご参加ください。

ご予約は不要です。

山手線駒込駅東口から1分

03-5974-1333

2012年3月23日 (金)

"私”を生きる

Photo_2

「いま学校で、そして日本で何が起きているのか?“教育現場での言論と思想の統制”に抗う3人の教師たちの姿を描いた、映画です。

3月24日(土)午後6時半開始(6時開場)

「”私”を生きる」土井敏邦監督作品 138分

参加費 1500円(1ドリンク付き)

3人の教師のお一人・根津公子さんと一緒に映画を見ます。

お時間のある方は映画終了後、根津さんと語り合う・交流の宴にもご参加ください。

泡盛とお料理と沖縄のお茶をご用意します(交流会参加費1000円)

琉球センターどぅたっち

山手線駒込駅東口を左不方向に1分、駒露地さんを左折、

03-5974-11333

2012年3月21日 (水)

阿波根昌鴻さんのお話を聞く

2012321

今日3月21日は、阿波根昌鴻さんの命日です。亡くなられて10年。どぅたっちでは、毎年、命日には必ず、阿波根さんのお話するビデオを見る会を開いています。まず、私自身が一年に一度は阿波根さんのお話を聞きたいから。
10人に満たない年もありましたが、今日は27人の方が来て下さって、感動、びっくり。多くて15人かと想像し、おにぎりを15個(参加費は500円で飲み物とおにぎり付き)しか用意しなかった、しかし、そんなこと問題ではなく、とても嬉しい集いができました。初めていらした方が半数以上で、前向きな気持ちをもらえました。素敵な言葉をたくさん聞き、素敵な出会いを持ちました。阿波根さんありがとうございます。これから片付けて帰ります、です

2012年3月19日 (月)

与那国フェスタ 日程間違い

ブログでご案内した日程が21日(日)となっていましたが間違いです。

訂正しました。

与那国フェスタは

4月15日(日)午後4時から7時頃です。

沖縄・南風原で開催される与那国フェスタと同じ日に開催します。

2012年3月16日 (金)

与那国島に沿岸監視部隊はいらない

Photo_2

与那国フェスタ

4月15日(日)午後4時から7時ころ

『老人と海」上映

お話「いま、与那国島で」

(大仲尊さん・・与那国島出身・一坪反戦地主会)

*与那国特産品を少し販売予定

(自衛隊配備に反対し、生産に励む方の生産物販売)

参加費 800円(1ドリンク)

防衛省は日本列島の南の入り口・与那国島に

陸上自衛隊(日本陸軍)を配備し沿岸監視部隊とすることを計画し

予算化しようとしています。

台湾と111㎞しか離れていない与那国は

「監視」など不要の友好の関係を築いています。

琉球弧からすべての軍隊・軍事施設・戦争に連なる一切のものを、撤去したい。新たな設置などもってのほかです。

なかなかニュースで報道しないこのことを、知ってください。

阿波根昌鴻さん

Photo

今年も、まもなく阿波根昌鴻さんの命日がきます。

亡くなられてから10年。

どぅたっちでは毎年、命日の日に阿波根さんのお話のビデオを

みて、平和な世界を、どう作っていくのか自分はどう行動するのかを

改めて考える日にしています。

沖縄・伊江島では

阿波根さんの生誕日に合わせて学習会が開催されています。

阿波根さんの生き方・闘い方を知ることは

戦争を挟んでの、沖縄の歴史を知ることです。

たくさんの方に、見て、知って、頂きたいです。

21日(水)午後7時から

参加費 500円(飲物とおにぎり代)

03-5974-1333

2012年3月13日 (火)

ゴーヤー、そしてガレキ

Photo_2

毎週火曜日には、沖縄から野菜や島とうふ 沖縄そば生麺、などがエア便で届く。今日入荷したゴーヤーや泥つき島らっきょうがあまりにもイキイキ新鮮なので、思わず仕入先の三倉食品さんに電話した、上等な野菜をありがとう、と。イキイキしている野菜はお客さを引きつけ、売れる。売れるということはお客様の食卓を幸せにするということ。作った人、売った人、買った人、食べた人、皆を嬉しく幸せにする。ここまで書いて、思う、福島や周辺の生産者のことを。その方々は、情けや、贖罪意識で、食べてもらうために生産したのではない。贖罪意識で、安全でなくても食べようと、言う人が入るけれど、それは作った方や、生産物に失礼。安心で美味しいから食べようという当たり前の行為でなければ、と思う。

安全ではないガレキはどこに運んでも安全ではない、命に危険なもの。原発の存在を許した自分の責任をとるのはガレキを引き受けることでも、汚染された野菜を食べることでもない。根源である原発を廃炉にせぬまま、ガレキを引き取れと迫る日本国政府を変えること.。安全であるなら、福島原発構内、東京電力構内、首相官邸、国会議員の皆さの私有地、永田町、皇居、石原都知事私有地、橋下市長所有地でまず引きとってください。

命の根源の土地に生きること・暮らすことができなくなり、避難を強制されたひとびとの無念を、どうしたらはらせるのか、その人々と向き合いましょう。思う。ガレキを受け入れないことはエゴではない。もっと子孫のいのちを大事にしましょう。沖縄の皆さん、拒否しても大丈夫です

。日本国政府がおかしいのです。

2012年3月10日 (土)

FACEBOOK

facebookに、こう書いた。
アメリカは普天間基地の「移設」先を、沖縄にこだわっていない。日本が沖縄に置きたいだけだと、もう充分わかったでしょう?こんなに具体的に見えているのに、日本の平和運動家は「県内移設反対」とだけいう。遠吠えだ。あの頃、佐藤がのった飛行機に向かって『佐藤訪米阻止」とこぶしを上げた行動と似ている。沖縄は「県外へ」(沖縄以外の日本)と言っているのに。

2012年3月 6日 (火)

どぅたっちシネマ ウンタマギルー

Photo

3月9日(金)どぅたっちCINEMA

午後7時から9時ころ

上映作品

『ウンタマギルー』

1989年 120分

全編琉球語・日本語字幕付

監督・脚本 高嶺剛

参加費 300円(1ドリンク代金)

03-5974-1333

山手線駒込駅東口から1分

2012年3月 2日 (金)

オキナワ オン マイ マインド

Yuzo_live

佐渡山豊さんと、トラ・トラ・トラコンサートに出演いただき、

それが縁で、どぅたっちライブを開催するようになりました。

そしてもう6回目。

潔く生き、歌う勇造さん。

それは見事です。

勇造さんの風を感じます。

早めのご予約をお持ちしています。

4月13日(金)午後7時から

この日は、タイのお正月(ソンクラーン)だそうです。

お正月も祝いましょう。

予約 3,000円(1ドリンク付き)

先着35名

03-5974-1333

dotouch2009@ybb.ne.jp

2012年3月 1日 (木)

「琉球独立への道」

新刊、入荷しました。

Photo

松島泰勝さんの最新刊

『琉球独立への道

  植民地主義に抗う 琉球ナショナリズム』

入荷しました。

ぜひお買い求めください。

郵送いたします。

「はじめに」の章から、心にひびきます。

納得できる展開。多くの方に読んでほしいです。

松島さんは『この本は琉球人以外の日本人、自分を日本人と思っている琉球人、そして他の民族の方にも読んでほしい」と書いています。

七つの章からなっています。

第1章  琉球コロニアリズムの歴史

第2章 太平洋島嶼国・地域の脱植民地化と琉球

第3章 南アジア地域とスコットランドの独立と琉球

第4章 国連と琉球

第5章 琉球ナショナリズムの形成

第6章 「琉球自治論」の批判的検討

第7章 琉球自治共和国連邦の将来像

法律文化社・刊  2,940円

ご注文は

03-5974-1333(FAX)

dotouch2009@ybb.ne.jp

琉球センターどぅたっち へ

 

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »