« 佐渡山豊・石塚俊明・石井正夫・田中眞紀子 | トップページ | 中川五郎 原発いらない、歌う »

2011年6月26日 (日)

普天間基地は県外へ

Photo

この、北沢の松本の、満面の笑みは何だ!何が「民主主義のコストだ」!

「地元の頭越しには決めない」と言ったのは北沢ではなかったか?

沖縄には人間が住んでいるとは思っていないようだ。沖縄県知事を先頭に沖縄人が、

普天間基地は県外・国外へと言っても、日本政府は沖縄人を「人間」とは思っていないのだから、沖縄人を踏みにじるなど問題とも思っていないのだろう。

メアと同じだ。

沖縄の土地も海も、白紙であるかのように好き勝手に図面を引いていく。

「琉球処分」を思い出す。尚泰王は拒否しているのに、松田処分官は何度か通告に参上し最後は警察軍隊が首里城を包囲し力づくだった。

オスプレイを持ち出し、脅しをかけている。

それにしても、なんと恐ろしい共同文書だ。

地震・津波の被害・原子力発電所の不始末からすべきことは、原子力発電を辞めることなのに、自治体防災訓練に米軍参加だ、と。自衛隊が生活に忍び寄ることだけでも、戦争を感じるのに、いつの間にこんなことを決めたのだ。

更に宮古島への自衛隊・米軍の駐留も考えているらしい。

寒気がするほど恐怖を感じる。

もう遠くない明日、私たちは手も足も出なくされる勢いだ。

内閣府に「ご意見」など、メールで投稿していたら

「謀反」で「御用」になるのだろう。

早く、この日本国からはなれ、琉球人は心を合わせて、

戦争・軍隊・武器のない琉球を作らなければならない。

仲井真知事の慰霊の日の平和宣言は嬉しかった。

何故、

何故、ヤマトゥは普天間基地を引き取る運動を全国展開しないのだろうか?

東京に誘致する運動を起こしてほしい。

平和宣言に応えてほしい。

日米政府の根っこがぐらつく力になると思うのだが。

« 佐渡山豊・石塚俊明・石井正夫・田中眞紀子 | トップページ | 中川五郎 原発いらない、歌う »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐渡山豊・石塚俊明・石井正夫・田中眞紀子 | トップページ | 中川五郎 原発いらない、歌う »