« 5月のイベント情報 | トップページ | ブラジル独立の闘士・チラデンチス »

2011年5月 4日 (水)

憲法記念日に

Epson021_convert_201105041237131

沖縄は、日本国憲法の外に在る。

沖縄に住む人々は、憲法で守られていない。

「憲法を護ろう」と言えるのは、憲法に守られているから言えること。

政治を任された人々に言いたい「憲法を守れ」と。

沖縄では日本国憲法より、日米地位協定が優先される。

新聞の記事に在るように、憲法14条に「法の下の平等」がうたわれているが、

沖縄で米軍人軍属に殺されても、裁判に訴えることができない。

「沖縄が日本であるなら沖縄にも日本国憲法の適用を!」、と言いたい。

神谷さんは今年1月、息子さんを米軍軍属に轢き殺された。しかし軍当局は不起訴とした。日米地位協定により、「公務中」の犯罪についての裁判権は米軍に在り、日本の法律で裁くことができない。

神谷さんは、那覇検察審査会に不服申し立てをした。

神谷さんの勇気ある闘いを支援したい。

« 5月のイベント情報 | トップページ | ブラジル独立の闘士・チラデンチス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月のイベント情報 | トップページ | ブラジル独立の闘士・チラデンチス »