« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

新年号

Photo

友人から送られてきた、社会新報新年号。

森口豁さんのエッセイ「沖縄みやげに基地はいかが?」

 近年の沖縄ブームを反映してか、人々の日常会話に「沖縄」が登場することが目立つようになった。電車の中や人混みの中で、沖縄談義を良く耳にする。

 「海と空がきれい」から、「優しいのよね、沖縄の人って」「お土産にゴーヤー買ってきたよ」まで内容は様々だ。いまやオキナワはヤマトンチュの「あこがれの地」。若者たちの間では、「沖縄生まれ」がうらやましがられる存在になっているとも聞いた。

 沖縄を訪れる観光客の数は、2011年中には年600万人の大台に乗りそうだとか。自然の美しさや琉球固有の文化が、人々を引きつけてやまないようだ。

 でも・・・、と僕は思う。ヤマトンチュの沖縄との向き合い方は、それだけでよいのだろうかと。

 確かにゴーヤーチャンプルーも泡盛もおいしいし、島唄も心地良い。七色に輝くサンゴの海を前にしたときの、言葉にならない感動は誰も同じだろう。

 でも、そんなに沖縄の海が好きならば、その海が埋め立てられ、軍事基地に変わろうとしていることに何故平気でいられるのか。沖縄の人の優しさに打たれ感激するのであれば、なぜその人たちが基地で苦しんでいることに無関心でいられるのか。僕にはこの感覚がわからない。

 那覇の街は、一年中、観光客であふれかえっている。そんな街で土産を物色する観光客を見ていると、僕は声をかけたくなる。

 沖縄みやげに米軍基地はいかが?と。

Photo_3

これも、友人が送ってくれたもの。

女のしんぶん 新年号1面

辺野古・大浦湾の写真と、詩「海へ寄せる言葉」

写真を撮ったのは、名護市議会議員の東恩納琢磨さん

詩は、ミュージシャンの知念良吉さん

海へ寄せる言葉

海に抱かれたくて浜辺へ続く森の小道を急いでいた

風は キラキラ光るクモの巣をかすかに揺らし

青空は海の膨らみの上で横たわり 波は静かだった

日差しはまだ強く

彼方で光る雲は 雨を蓄えた腹を膨らませ

ゆうゆうこちらへ渡ってくる

きっと あなたも私モジュゴンも

しばらくすると 森や大地に降り注ぐであろう雨のしずくの一粒で

それぞれかけがえのない物語の種(デザイン)を宿している

そして世界は名もない草の葉先にブラ下がった水滴の中にも

小さく閉じ込められ 映し出される

それぞれの持ち前の役割を尊ぼう

争い奪い合うのではなく 仲良く分かち合う世界をイマジンしよう

マングローブの林の下

青い目玉のトントンミーが 恋のダンスを踊り

イソギンチャクの揺れる腕の中で クマノミの親子が戯れる

あなたと私が 自らの真実を高め生きるとき

心は喜びと感謝で溢れ

満月の夜 ハマサンゴが明日へと生命の種を放つように

世界は果てしない輝きの中へと広がっていく

寄せては返す波が浜辺の貝を洗っている

繰り返す不思議なリズムと生命の響き合い

2010年12月27日 (月)

2011年1月のイベント

21世紀も十分の一、終わってしまった。

21世紀、人類はちょっとはましな世界をつくると思っていたが、

自分に損得しか考えない人々が、権力を持っている。それは身近な小さな世界でも、そうだ。

地球が壊れていく音が聞こえる。

2011年、どぅたっちは、何をするのか?

大事なことは、琉球魂。

イベント案内です。

●1月7日(金)午後7時から DVD居酒屋

「豊田勇造円山音楽堂6時間ライブDVD」上映

参加費300円(1ドリンク付き)

●1月15日(土)午後6時から

寿[kotobuki]新春ライブ

参加費2500円 要予約

1ドリンク&お祝菓子付

●1月19日(水)

予定 ダグラス ラミス講演

「要石 沖縄と憲法9条」

1月28日(金)午後7時から

太田昌国の世界 6

「いま」、もっとも考えたいことをテーマに、

昌国さんが語ります。

たくさん方と共に聴きたい。

ご参加お待ちしています。

2010年12月24日 (金)

どぅたっちの「アメリカ世の記憶」と作品頒布

Photo

森口豁さんが、大切な、写真作品をどぅたっちに預けてくださいました。

布に焼き付けたものです。

どぅたっち=東京琉球館の役割を、強く意識していく店の風景になりました。

12月22日の森口豁「アメリカ世の記憶」出版記念会は、熱い思いに溢れた集いでした。

記念トークと、1979年放送の「さとうきびの花咲く島」を上映していただきました。(どぅたっちのプロジェクターの具合が悪く、映像が途切れて、参加者の皆さん、ごめんなさい)

森口豁さんが、琉球新報記者として沖縄に生きてから50年。

1979年12月放送の「さとうきびの花咲く島 沖縄この10年」をみて、改めて思ったのは、森口さんが沖縄に向き合う姿勢は、50年間揺るがず一貫していること。そして「報道」って、こういうことだと知らされました。いまのマスコミ・メディアは政府の広報担当、いえそれ以上に「世論」を作り、日本政府の露払いをしている、と思う。森口さんの取材・報道の斬り込み方に、びっくり。その時も、沖縄に起きていることは、日本の問題だと、すっきり語っていらっしゃいました。

今年5月、沖縄で「さよならアメリカ」展をされたときに頒布用に作成された、写真作品があります。どぅたっちで扱っています。作品はあと、14点です。

作品の頒布は、最初で最後になると、島袋は思っています。関心をいただけましたら、ご注文ください。

頒布作品は「アメリカ世の記憶」の中にありますので、

照らし合わせていただけますよう。

P12 「村の中を行軍する海兵隊」

P28「陸の孤島に生きる」

P30「島に医者が来る日」

P42「辺野古が見た夢」

P48「日本地図のある学校」

P60「わがもの顔の戦車の隊列」

P88「家路」

一点づつしかありません。

10,500円です。

送料はどぅたっち負担でお送りできます。

dotouch2009@ybb.ne.jp

03-5974-1333

2010年12月19日 (日)

沖縄世の記憶 森口豁

Epson005_2

森口豁さんの写真と文による、『アメリカ世の記憶』が出版された。

1950年代から70年代、アメリカ支配下の沖縄の写真40点。沖縄の庶民の暮らし・表情が収められています。「沖縄の<いま>は『アメリカ世』と何ひとつ変わっていない・・。」と、森口さんは、書いています。

出版を記念し、また多くの方にご紹介したく、出版記念会を開催します。

森口豁さんによる記念トークと、どぅたちでのトークライブでも公開したことのない映像「さとうきびの花咲く島」を上映します。

12月22日(水)午後7時から

参加費 3800円(「アメリカ世の記憶」1冊・記念会飲食代含む)

沖縄を考える多くの方の、ご参加をお待ちしています。

琉球センターどぅたっち 5974-1333

山手線駒込駅東口2分・南北線駒込駅4番出口4分

2010年12月15日 (水)

銀の滴降る降るまわりに

Photo

デイゴの花を冠にしたフクロウの神様がじっと見ています。

このお芝居の最後の場面で、アイヌの兵士富田は、自らも傷つきながら、フクロウの神様に叫んだ、彼はアイヌではないけれど、中里を守ってくれ、命を奪わないでほしいと。現地徴用された中里幸吉が、誕生したばかりの、しかし会えぬままの子のために作った「竹トンボ」を高く掲げて。

中里幸吉は命をつないだろうか。わが子に会えただろうか。

フクロウの神様は人間を守る。

人間が人間でなくなる戦場では、フクロウの神様も、沖縄の人々を救い切れなかっただろう

首里近郊の運玉森(地理的には西原あたりだが、これはお芝居)近くの与那城家が舞台。与那城イト・義之の家は日本軍の炊事班に家を提供(?)した。炊事班兵士の中には、アイヌの青年やアイヌを隠している青年、沖縄人として誇りをもっている中里青年もいた。

日本人として日本軍に協力する与那城義之(最後には「友軍」に怒りを表す)。あらゆる人を人間として、同じ命として接するイト。二人の子供は米軍に殺されている。

胸のポケットにわが子の写真を持ち、兵士に平等に食料を分配し、地元の人から食料を奪うことを戒める小隊長。戦争はそんなものではないと小隊長にしたがわず命令を出す班長。

私は戦争を体験として知らない、戦場を知らない。このお芝居は史実より人間一人ひとりを大事に描いたとあるので、若い兵士一人ひとりの個性がくっきりしていることに、戦場を知らない私は、日常の延長のような会話と人間関係、自分らしさを失っていないことに、違和感のようなものを感じたが、それは、炊事班という戦場はまた別の空気があったからだと、解釈したら、解決するのかもしれない。

と、ここまで書いて、思いなおす。訓練された兵士ではない人々が、兵士として沖縄に送り込まれ、死んでいったのだと。

里幸吉の子ども誕生を祝い、沖縄・アイヌを見下していた日本人兵士が心を開く場面がある、イトの説得とひさしぶりの酒ふるまいの効果か?、戦場の兵士たちが、こうであったら、良いなぁ、と思う。今も戦場に駆り出されている多くの多くの若者たち。差別があって成り立つ戦争だから、差別がなくなればよいと思う

フクロウの神様は、いまだ武器を手放さないこの世界をどう見ているのだろう。

東京芸術劇場小ホール2

12月23日まで。チケット予約は劇団文化座 03-3828-2216

欄外の話

前半は真ん中の席で、前の方に遮られ舞台の中央が見えなかった。そんなわけで、その都度右へ左へ、頭をかしげて観た。そのたびに、私の後ろの方が、不快になっているかしらと気になり、その結果、舞台に集中できず。上官、あるいは兵士同士のどなり声や殴り合いの場面に、心が奪われ疲れ切ってしまった。

後半は前のほうのあいている席に移動できたので、舞台の世界に入ることが出来た。佐々木愛さんのイトに惹きつけられ、横暴な班長に怒り、アイヌと沖縄の青年二人の出会い共鳴し、富田の叫びに涙した。

それにしても、豊な食糧を捨てるほどもっている米軍が、海岸線を埋めつくし艦砲射撃を続けるなかで、沖縄の人々は、こんな風に暮らし戦っていたのだと思うと、戦争を起こし、戦場を沖縄に持ち込み、天皇のために殺し焼き尽くした者たちを許せない。いまも、まだ遺骨が葬られず、不発弾が残っている沖縄。一般住民被害への補償もされていない沖縄。過去ではない戦争。

首里1945というタイトルがピンとこなかった。

一度参加した、南北の塔でのイチャルパが、頭にあったせいか。

あるいは、話が首里であろうと糸満であろうと、本部であろうと同じと思ったからか。

●チラシのフクロウ(アイヌの宇梶静江さんの作品)に圧倒されます。

2010年12月12日 (日)

沖縄女性(イナグ)

今日も、沖縄からのお客さまをお迎えして嬉しいどぅたっちでした。

東京にいらっしゃるたびに、お電話くださるのに、私が不在で、ここしばらくどぅたっちにお迎えできなかった鈴代さん。

今日は大丈夫でした。

源啓美さんも一緒です。啓美さんの今度こそ行きますよ、と言った約束が実現しました。昼食をとりながらおしゃべり・沖縄の今、あれこれ。

沖縄女性が、沖縄でNPO法人をたちあげ活動していることを知りました。介護・介護の実態調査・介護ヘルパー養成。

それは、琉球の未来を着実に準備しているはなしです。エネルギーとヒントをもらいました

Photo_2

身近にいるたくさんの女性の能力を生かしながら、沖縄の人々の暮らしに役立つ事業を起こしている事例。沖縄の自立・独立の営みの一つの話です。実践、実践を、さりげなくしていることが、琉球の未来を切り拓いている、そんなお二人。笑顔もチャーミングで、カッコイイ、沖縄女性の先輩に魅了されたひと時でした。そんなわけで、今日もまた、エネルギーを受電したどぅたっちです。

2010年12月11日 (土)

東京琉球館

Photo

若い女性のお客様。

「さんぴん茶のティーバックありますか?」

ありますよー、これ、500円。

「えっー、高いんだ―」

「沖縄そばは?」

生めんがあります。焼きそばにしてもおいしいですよ。

「私、沖縄の人なの」

いろんな話をして、

どぅたっちは、沖縄の産業・会社を大事にしたいから、日本企業の沖縄商品は扱っていない、と話した。森永ハイチューとかは、ここでは売ってないのよ。ヤマトの会社が儲かって、琉球人が頑張っている会社にはプラスにならないから。

そう話したら、彼女が言った。

「ありがとうございます」と。

この若さでも、琉球魂がそう言わせるのか、と、感動。

来春には寮を出なければならないので、住まいを探している沖縄女子学生。

泡盛で割ったらおいしそう」とシークヮーサージュースを買った。

思わず沖縄学生割引に。

彼女がバックから、男梅を一粒、私にプレゼントしてくれた。

「今これにはまっているの」と。

彼女にとって大事な一粒をもらって、

東京に暮らす琉球人のよりどころになる「東京琉球館」であるよう、頑張り続けようと、私は思ったのでした。

2010年12月 9日 (木)

歓迎・知念うしぃ&佐渡山豊

Photo

Photo_2

12月7日佐渡山豊還暦前夜祭ライブ

4時間近く26曲を歌った佐渡山豊さん。

swingMASAのサックス、田中眞紀子さんのピアノという豪華メンバー。

佐渡山さんの要望で、お客様は開演から泡盛飲み放題、料理も食べ始めるという、

ディナーショー状態で、ライブを満喫。そして還暦前夜を祝った。

美味しい料理店「よろんの里」から団体参加もあり、琉球の熱気あふれるライブに。

21曲目 白い狼

翌日8日、新大久保のライブハウスで、佐渡山豊トラ・トラ・トラライブ。

遠藤ミチロウさん、トシさん、swingMASAの豪華豪華メンバー。

仕事で来日していた知念うしぃとライブへ。琉球魂に浸ったライブでした。

知念ウシ「ウシがゆく」はどぅたっちで扱っています。

どぅたっち売れ行き、ナンバー1、です。

2010年12月 3日 (金)

沖縄を歌う・佐渡山豊ライブ

127

沖縄から佐渡山豊さんをお迎えして還暦前夜祭ライブ。

まだ佐渡山豊さんの歌を聴いたことがない方に、

ぜひぜひ聴いてください。

ウチナーグチで、吼えるようにたたきつけるように歌う佐渡山さんの沖縄。

リズミカルに、言葉遊びのようにうたう、それも沖縄。

宇宙の中の地球の沖縄に生きる、その言葉を紡いで歌う佐渡山さんの歌をたくさんの方に聴いてほしい!

どぅたっちライブでは初めて、サックスのMASAさん、ピアノの田中眞紀子も共演してくださいます。

豪華な演奏と、楽しい美味しいパーティにご参加ください。

前売り参加費 4300円(泡盛飲み放題のパーティ代含む)

2010年12月7日(火)午後7時から

山手線駒込駅東口2分

03ー5974-1333

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »