« うるまネシア11号入荷 | トップページ | 沖縄県知事に「県外移設」主張の仲井真さん »

2010年11月25日 (木)

太田昌国の世界5

Photo_2

11月27日(金)午後7時から

「太田昌国の世界 5」

奇数月の最終金曜日に開催している太田昌国さんのトーク、今年の最後の回になります。テーマは『くにざかいの島々の領有問題をどう考えるか』。

菅民主党内政府の一人は、中国を、悪しき隣人と呼んだ。こんな政府に引っ張られていたら、私たちは世界のすべてを敵にして生きなければならなくなる。隣人を敵と考えることは、死と同じ、と、私は思う。

太田昌国さんのお話を伺いたい。

たくさんの皆さまの参加を、願っています。

・・・・・・・・・・・

『尖閣諸島』は、日本の領土と日本は言い。

中国の領土だと、中国は言う。

琉球の、仲里効氏は、『アホウドリのものだ』と言った。

私は仲里氏に賛成する。

朝鮮半島で、なぜ同胞同士が銃を向け合うのか。なぜ殺しあうのか。

そして、日米は今だとばかりに、制裁を言い、また琉球に、米軍の原子力空母が我が物顔で登場するだろう。

領土を守るためと言って、琉球の自衛隊が増員されるだろう。朝鮮半島で民衆が殺し合う下で、一番喜んでいるのは、武器・戦争を必要としている者たち。日米中は朝鮮半島に関わるな、と私は言いたい。

« うるまネシア11号入荷 | トップページ | 沖縄県知事に「県外移設」主張の仲井真さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うるまネシア11号入荷 | トップページ | 沖縄県知事に「県外移設」主張の仲井真さん »