« 太田昌国の世界 その4 | トップページ | 8月のイベント情報 »

2010年7月31日 (土)

ラテンアメリカの闘い・「日本の死刑制度」

Photo

太田昌国さんのトークの4回目「新しい世界秩序へ向かっての最前線=ラテンアメリカの胎動」が開かれました。

私が愚かなのですが、たくさんの知らないことを知りました。

そのうちの一つ、日本では共産党のみが報道したそうですが、今年4月19日から22日にボリビア・コチャバンバで「気候変動とマザーアース(母なる地球)の権利に関する世界民衆会議」が開催され135カ国から35000人が参加したそうです。

この会議の中心となったのはボリビアのモラーレス大統領。

「母なる地球の権利」という表現に、目を覚まされた。

そしてまた、水へのアクセスは人権、と

モラーレス大統領らは国連に提起し承認された。日本国は棄権。

それらを初めて知った、私。

棄権した、そして報道しない日本。

「大国」日本。

その日本で、小さなのぞき窓から世界を見てきた私。

ラテンアメリカの闘いをもっと知っていきたい。

彼らの闘い・行動を支える思想原理として、太田昌国さんは以下のことを挙げた。

―反グローバリズム、反資本主義、国家・政党・組合を後ろ盾にしない運動、先住民族の歴史・思想・自然哲学を尊重した地点からの発想、フェミニズム、20世紀型社会変革思想の捉え返し―

○講演後、太田昌国さんが紹介された映像「赦し」の上映会を、開催します。

8月17日午後7時から。

DVD「赦し  そのはるかなる道」上映会

監督:チョウ・ウクフィ

日本語版ナレーション:竹下景子

日本語版制作:死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90

「死刑制度」に向き合う映像です。参加費無料。

但し、ドリンク代300円負担願います。

千葉法務大臣にも見てほしいです。

私は25年前、死刑制度を廃止する意志の講演会を開き、考え始めた。

だが、今日まで、何人の命が殺されたのか。

今日は、意味不明の、私のつぶやきでしたが・・・・。

17日、お時間がありましたら、ご参加ください。

« 太田昌国の世界 その4 | トップページ | 8月のイベント情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太田昌国の世界 その4 | トップページ | 8月のイベント情報 »