« 「チビチリガマから日本国を問う」上映会 | トップページ | 5月15日を沖縄から考える »

2010年5月 9日 (日)

みんなの意見

Photo

地下鉄「国会議事堂」駅の壁の広告です。思わず笑っちゃいました。ここで言う「みんな」って誰のことかなぁ。「県外移設を求める沖縄のみんな」?「申し訳ないけれど、もうしばらく沖縄で預かってという県外のみんな」?

こういう怪しい表現が恐ろしい。

沖縄を訪れて、悪びれる風もなく、県外は無理であると、海兵隊の存在は必要であると説く鳩山首相。「お願い」[ご理解」という「強制」。慇懃無礼極まりない。

ヤマトゥの人から「怒り狂っているでしょう?」と問われた。「怒っているけど、怒り狂ってはいない」と答えた。ここに至るまでに、沖縄はかつてなく一丸になっている。これは差別の結果であることも、明確に感じている。

幻想を持たされたぶんだけ、怒りが、次の一手へのエネルギーとして熟成されていると感じるので、私はこれからの沖縄に希望を持っている。

ヤマトゥへのお願いや要請ではなく、沖縄自身が、立ち上がる道を歩み始める入り口にあると、思える。私は琉球人として、確信を持って立ちあがる、わくわくしながら。

沖縄の主権は沖縄に。

« 「チビチリガマから日本国を問う」上映会 | トップページ | 5月15日を沖縄から考える »

コメント

とにかく『アメリカの御用聞き』から日本の国政が脱却するまで、基地問題は先送りされますね。ホワイトハウスやペンタゴンの意向です。政党による考え方の違いだけではありません。環境問題が似てます。他人よりも私達ウチナーンチュ自身もいろんな側面から、新しく生まれ変わる為の(時代の新たなる局面という意味合いで)意識改革の時期に来ているのではないのでしょうか? 沖縄の私の知人から、これまでにはない〈縄文からの文化創造〉の為の同好会を一緒にやろうと誘いがあり、一緒に沖縄で立ち上げるつもりです。

〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

寺島さんが送信できないとメーリングリストに流していたので、テストです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「チビチリガマから日本国を問う」上映会 | トップページ | 5月15日を沖縄から考える »