« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月24日 (月)

鳩山首相の沖縄

523_2

言ったことを守らない鳩山さんは悪い。

いまさら抑止力とか、韓国哨戒艦沈没(真相は明らかでない)を持ってきたり、情け

ない。

しかし、とりあえず「県外」と言ったことはエライ。

これまで「県外」なんて言っていたのは、不変の琉球魂・カマドゥ小だったから。

ヤマトゥの人間が「県外移設」を言っただけでも(集票のためだったとしても)評価。

沖縄の怒りが凝縮する良い作用だったと、結果的に私は思う。

鳩山さんは、圧力と、安易な入れ知恵で、もはやあや釣り人形状態かもしれない。

では自民党のように初めから辺野古だ、といっておけば良かったのか。

そうしておけば、決して公約違反・うそつきとは言われなかった。

自民党・公明党が、みんなの党が、そして沖縄選出国会議員フェイク島尻安伊子が、

鳩山さんをウソツキといって攻める。

が、彼らなら県外移設あるいは即時撤去出来ると言うのか?

一体誰が、こんな仕組みをつくったのか。

沖縄を侵略し、戦場にし、切り捨て、基地を押し付け、踏みにじり、翻弄し、弄び。

自らの利益しか考えていない者ども、みな同じだ。

鳩山さんを擁護しているわけではない、みな同じだ。

ヤマトゥは沖縄のことなど考えていない。

鳩山さんに公約を守れという、ヤマトゥの平和運動も「基地はいらないどこにも」

「安保廃棄」をいうのみ。

鳩山さんを応援するために、基地は私の町へということもせず、非難ばかりで、

誰が鳩山さんがいった「県外」の公約を守れるように支援したか?

安保は必要と言う人も「安保廃棄」というひとも、同じく県外移設なんて認めないと言っていた、と思う。だから鳩山さんが公約を守れるはずがない。

15日に沖縄紙に載った、意見広告も、書かれていることは「移設反対」。県内・県外、そんなことより「移設反対」だ、という。

沖縄の痛みを自らの痛みとし、と書いてあった。

しらじらしい言葉と、思いませんか?

自らの痛みとし、なんて、私恥ずかしくて使えないです。

ヤマトゥの大方は、鳩山さんを「公約違反」とか「怒」とか非難できる立場にはいない。

鳩山さん攻めをやって、彼を追い落とした後に何が残るのだろう。

我は我は、闘ったと、沖縄にたかるハエ。

もう、ヤマトゥに要請したり、お願いしたりしない琉球を、

ヤマトゥにきっぱりノーを突きつける、琉球の代表を立てたい。

立てる行動をする。

追伸 

社民党が、まだ鳩山さんを、説得できるという。

でも、グァムとかテニアンに、私は反対です。

もちろん徳之島も。

Photo_2

2010年5月21日 (金)

モンスターの主張

T

これは、沖縄のアーティスト・比嘉重人さんと照屋勇賢さんデザインのTシャツ。

4.25県民大会に合わせて、意思を主張するべく、「琉球弧の自己決定権樹立へ 有志連合」が製作したものです。どぅたっちでも販売開始しました。貴重な一品、ぜひご購入を!

山積みになっていた、どぅたっちの机の上の片づけをする。

片付けていたら、封を切っていなかった、反天皇制運動連絡会の機関紙・モンスターが出てきました。3月発行の第2号。

嬉しい「主張」があった。

「皇居に基地を」とあった。

辺野古で闘い続け亡くなった金城祐治さんが、東京にいらしたとき、内輪の場で「基地は皇居に」と言い、拍手喝さいしたことを思い出した。

その同じ言葉がモンスター誌にあった。

沖縄の歴史を踏まえ、沖縄の訴えを受け止め、考えあぐねたその上で発せられた言葉に、私の心もほっとした。

しなやかに闘いを想像できる方がここにもいた、と。

皇居に基地をつくることは、あるいは東京湾に作ることは、非現実的で、大浦湾や勝連沖や、徳之島に作ることは現実的だと、思い込んでいるみなさん、

「安保廃棄」「安保粉砕」を唱えているだけでは済まない所に生きる人々に思いをはせてください。

私の所にも基地はあると反論するみなさん、

このモンスター誌の主張のタイトルは「反天皇制国家・植民地主義・沖縄」となっています。

この視点からみると、反基地運動からは見えてこない闘い方が見えてくるのだと思います。

モンスター誌の入手については反天皇制運動連絡会の方に問い合わせてください。

2010年5月18日 (火)

5月15日を沖縄から考える

Photo

15日の沖縄の新聞2紙に上記の意見広告が載った。

それこそ、「だれがだれに向かって、何言ってるの?」という感じを受けた。

意見する相手を間違っている、と。

全国紙に載せて、今沖縄の状況はこうです、「沖縄県民」はこう訴えていますよ、と広めてくださるなら、一つの意義はあるかもしれない。

しかし、この意見広告は沖縄に向けて発せられた。

沖縄県民大会は「普天間基地の国外・県外移設」を訴えて、県も市町村もみんなで大会をj準備し、成功させ、翌日には100名で永田町に訴えに行った。

その沖縄県民に対して、「鳩山線政権は移設探しではなく・・無条件の閉鎖を・・」と、こういうことの意味は何なのでしょう。

沖縄の痛みを自らの痛みとする一人ひとりの熱い思いが込められています、とも書かれています。

沖縄の痛みを自らの痛みとするって、そんな言葉を、65年苦しんでいる人々に、私は言えない。自らの痛みにするには、引き受けるという行為しかないと思っている。「安保廃棄」のその日まで、こんどは私の街で引き取りましょうと、それが自らの痛みにすることではないのだろうか。

それぞれの表現は自由だけれど、自分の賛同する一口1000円が、どんなふうに使われ、それは賛同したあなたの意思に沿っているか、しっかり検証・確認してほしい。

読めば読むほど

沖縄の「民意」を押しつぶす意志を感じてしまう。

沖縄の平和より、平和を願って行動している自分」に関心があるのですか、ヤマトゥは?

公表可の賛同者3805名の氏名が沖縄島を取り囲む海の部分に50音順に記されています。氏名を探しやすいように、あ行、か行、とマークして並べてあります。この意見広告は、みなさんの言う「平和に生きるために(誰が?)」具体的にどんな力になると考えているのでしょうか。沖縄も平和に生きたい。

2010年5月 9日 (日)

みんなの意見

Photo

地下鉄「国会議事堂」駅の壁の広告です。思わず笑っちゃいました。ここで言う「みんな」って誰のことかなぁ。「県外移設を求める沖縄のみんな」?「申し訳ないけれど、もうしばらく沖縄で預かってという県外のみんな」?

こういう怪しい表現が恐ろしい。

沖縄を訪れて、悪びれる風もなく、県外は無理であると、海兵隊の存在は必要であると説く鳩山首相。「お願い」[ご理解」という「強制」。慇懃無礼極まりない。

ヤマトゥの人から「怒り狂っているでしょう?」と問われた。「怒っているけど、怒り狂ってはいない」と答えた。ここに至るまでに、沖縄はかつてなく一丸になっている。これは差別の結果であることも、明確に感じている。

幻想を持たされたぶんだけ、怒りが、次の一手へのエネルギーとして熟成されていると感じるので、私はこれからの沖縄に希望を持っている。

ヤマトゥへのお願いや要請ではなく、沖縄自身が、立ち上がる道を歩み始める入り口にあると、思える。私は琉球人として、確信を持って立ちあがる、わくわくしながら。

沖縄の主権は沖縄に。

2010年5月 6日 (木)

「チビチリガマから日本国を問う」上映会

Photo

5月19日(水)午後7時から9時ころ)

西山正啓監督新作ドキュメンタリー上映と

西山監督のお話

「チビチリガマから日本国を問う」

 ~ ゆんたんざ未来世2 

   4月6日から9日の国会前抗議の座り込みから

   4・25県民大会まで

  参加費 1500円(1ドリンク付き)

東京での初上映会です。

 たくさんの皆さまが見てくださいますように。

 終了後監督を囲んで交流会も予定しています。

03-5974-1333

 

2010年5月 2日 (日)

政府要請団、国会座り込み

100_2

琉球新報4月28日付 1面から

4月25日の県民大会の成功を受けて、沖縄から100人の代表団が日本政府に「普天間基地の国外・県外移転」を「要請」に来た。大会翌日の26日朝那覇をたち東京へ。その夜集会。そして27日朝は県民の意思を表現して国会前で座り込み。

この写真を見て、日本政府にさらに怒りがました。宜野湾市の伊波市長・名護市の稲嶺市長、自治体の長や議員さんが座り込みをしなくては、ならない沖縄。私たち、直接政府と面会できない民衆の訴える手段・座り込み。自治体の首長がそれをした時、

政府の長は「そんな所にお座りにならず、どうぞ中にお入りください。お話を伺いましょう」と、官邸に招きいれるべきではないか。

沖縄と日本の関係を、改めて知らされ、怒り。

そして、訴えたい。オキナワよ

「もう日本から離れよう」「琉球人の琉球に戻ろう」

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »