« 4月25日沖縄で県民大会 | トップページ | 「黄色」で反対示す 4・25県民大会 »

2010年4月21日 (水)

国会前でハンストの下地厚さん

Simoji_2 

友人の下地厚さんが抗議のハンストをしているので、どぅたっち開店時間前に国会前に行きました。たった1時間しか一緒に座れませんでしたが、昨日の冷たい雨の中、そして今日の暑い日差しの下、体力を消耗しているのは明らかで、しかしいつもの朗らかな笑顔でいたのは流石でした。

沖縄新基地建設を許さない、

基地の県内たらいまわしを許さない、

これ以上の沖縄差別を許さない!

下地厚さんは、この3点を訴えています。

山内徳信議員が激励に来て、森木秘書と一緒にしばらく座り込みをしていかれました。

私は自分のメッセージボードを持って座りました。

厚さんに私はこう思うのだけど、と見せたら、僕は違うけど、と笑っていましたが

Boad_2

私は軍事基地などない世界を願っています。

どこにも無いほうがよいに決まっています。しかし、今、無いほうがよいものが沖縄にあるのです。沖縄の日々の暮らしの隣に。

移設を願っているわけではないのです。しかし、普天間基地返還の条件は移設だと日米政府が決め、辺野古住民を苦しめ、今また別の候補地を探そうとしているから、「移設」するなら「県外」へと言わざるを得ないのです。

私は東京に住む琉球人です。

沖縄はもう65年も軍事基地の島で苦しんだのです。

米軍による被害はもちろんですが、沖縄のおじいさんやおばあさんが、基地に反対するのは、自らの身内を失った戦争が今も世界にあり、沖縄がその出撃基地だからです。ベトナム戦争が終わってもまだ「悪魔の島」沖縄であることが耐えられないのです。

「県外」なら、他のどこへでもなく、永田町のある東京に移設しなさいと言いたい。

沖縄に押しつけられた「軍事基地」はヤマトゥの琉球への差別の結果です。

1906年の薩摩の侵略・1879年の琉球処分の歴史をここで展開しませんが、押しつけられた軍事基地は、押しつけた者=ヤマトゥに返したい。

この視点でいえば、米軍基地を押しつけたのは米国ではなく、天皇を頂点とするヤマトゥであるから、琉球民族として、チャモロ人におしつけるなどは考えられない。

「移設」ではなく「撤去」だと言っているあいだも、軍事基地は沖縄に在り続ける。せっかく鳩山首相が県外移設で普天間基地を返還すると言っているのだから、「普天間住民」を喜ばせてください。いまさら、「移設ではなく」などと言わないで、と思います。

私のメッセージボードをみて、ある人が「以前、原発を東京へ」という運動があった、と言いました。しかし、それと根本的に意味が違うのは、まず「移設」が課題にされていること。そして、沖縄に大量の軍事基地があるのは、ヤマトゥの沖縄差別の結果であること。

舌足らずで、理解しがたい部分があるかもしれませんが、

長くなるので、ここまで。

« 4月25日沖縄で県民大会 | トップページ | 「黄色」で反対示す 4・25県民大会 »

コメント

《戦争は決して自己実現の一環ではない!》 自国の文化に誇りと節操をもてる人格こそ、正しき人間の道。かっこよく見える、セックスアピールを感じる等は、二の次、三の次。まして、もはや現代の戦争に「聖戦」はない。過激派イスラム原理主義者達も単なる「みせしめの殺戮」を繰り返そうとしているだけ。圧倒的に強いモノを仕立て上げておいて、弱い者いじめのナニモノでもない。とばっちり食うのはどこにいっても弱者だけ!そんな殺人行為に『YES』といってはいけない!! 独裁者、狂信者達だけが、のさばっていくのだぞ!沖縄の平和論の展開は複雑にいろんな要素と絡み合いながら、問題提起している事が、実に目が離せない。だからこそ、であるからこそ、アメリカ合衆国には最大限前面にたって、真摯に、スマートに、謙虚に、県民が納得いく対応策を率先して考える義務があるのではないか?日本政府はアメリカの御用聞きに回っているだけだ。


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

《戦争は決して自己実現の一環ではない!》 自国の文化に誇りと節操をもてる人格こそ、正しき人間の道。かっこよく見える、セックスアピールを感じる等は、二の次、三の次。まして、もはや現代の戦争に「聖戦」はない。過激派イスラム原理主義者達も単なる「みせしめの殺戮」を繰り返そうとしているだけ。圧倒的に強いモノを仕立て上げておいて、弱い者いじめのナニモノでもない。とばっちり食うのはどこにいっても弱者だけ!そんな殺人行為に『YES』といってはいけない!! 独裁者、狂信者達だけが、のさばっていくのだぞ!沖縄の平和論の展開は複雑にいろんな要素と絡み合いながら、問題提起している事が、実に目が離せない。だからこそ、であるからこそ、アメリカ合衆国には最大限前面にたって、真摯に、スマートに、謙虚に、県民が納得いく対応策を率先して考える義務があるのではないか?日本政府はアメリカの御用聞きに回っているだけだ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月25日沖縄で県民大会 | トップページ | 「黄色」で反対示す 4・25県民大会 »