« 緊急告知・Swing MASAさん、本日出演に! | トップページ | 東京の中の沖縄と東アジア »

2008年12月16日 (火)

人類館

Photo

今日、早稲田大学大隈講堂で「劇団創造」による「人類館」の上演があった。

国立近代美術館で開かれている「沖縄プリズム1872-2008」の一環での上演。30年ぶりの東京での公演。それも一回限りの。贅沢なこと。そして入場無料。さすが日本国の美術館は大判振る舞い、と思ったが、実はそうではないらしい。それは、また別に考えることにして。

5年前、「人類館事件」から100年の年に、大阪の金城馨さんたちが奔走して、大阪で「創造」による「人類館」が上演された。金城馨さんが知念正真さんの心を動かした結果と思う。その彼の思い・努力を、「国立」は軽々と乗り越えて、鼻高々と、開演に先立ち、学芸員が「国立近代美術館と早稲田大学共催という画期的な出来事であること」など、開催の意義を話した。1872年、「琉球国」を「琉球藩」とした(された)年からが、琉球の近代であると位置付けた展示会「沖縄プリズム」の一環として「人類館」を選んだ学芸員の意図は何かは、伝わらなかった。金城馨さんなら今、何を語るだろうと、思った。

お芝居は、大阪で見たときより、シンプルで「屈折」も「とげ」もなく、「わかりやすくそぎおとされている」と感じたのは、気のせいか。

今回も、東京タワーでの富村さんの告発を伝える場面は演じられなかった。天皇にかかわる部分がカットされているのか?それでも、琉球人の姿がそこにあって、そこに吸い込まれてしまった。ウヤファーウジを思ってしまった。だから、終わって、飲みに行くという気分になれなかった。飲んで、笑ってる、にはなれなかった。琉球処分から130年を迎える、琉球人の、ヤマトゥに対する、複雑な、ともすると「屈折しそうな」思いに、ストレートに重なるのではなく、かわされた感じがあり、重苦しかった。

これはただの公演だったのか。主催者はそうだったかもしれないが。

日本人は、これをどう見たのだろう。どう感じたのだろう。

それにしても、こんなに「招待席」の紙がたくさん貼ってあった公演って、何だろう。何故、「入場整理券」をプリントアウトしていかなければならなかったのだろう。「整理券」を持っていっても、「入場できない場合もあります」、断りながら。「入場整理券」で並んではいった人と膨大な「招待者」との差は何だったのだろう。「国立」は、差別を助長する、いえ、差別を生みだしてはいないか、と、思ったりの、今日でした。

ちなみに、5年前は私たちも東京で「人類館 100年の時空を超えて」を演じたのでした。人類館事件と、現在(2003年)の状況を重ねる形で。

« 緊急告知・Swing MASAさん、本日出演に! | トップページ | 東京の中の沖縄と東アジア »