« 8月13日 | トップページ | コンサート情報 »

2006年8月19日 (土)

言葉

【1】8月6日、森口豁さんからの連絡で、その前日に岡本恵徳さんが亡くなられたことを知った。3月5日宜野湾でお目にかかったときの笑顔を思い出す。

Photo_9

岡本恵徳さんへの想い、追悼の日々について書かれている森口さんの沖縄通信をお読みください。読むことで、岡本恵徳さんに想いを馳せていただけたら嬉しいです。森口さんの綴る言葉ひとつひとつが心に響きます。生命を慈しむ言葉で溢れています。森口豁さんの沖縄通信はこちらから

  http://www.cyber-rabbit.com/katsu/index.html

森口さんの著書「誰も沖縄を知らない」、どぅたっちで扱っています。

【2】15日、抵抗の文化をかたるシンポジウムに行った。目取真俊さんと高橋哲哉さんのお話を聞きたいと思って参加した。シンポジウムのまとめ的に出されたことのひとつに、まず「知ること」というのが在った。「愛の反対は無知」という言葉も出されていた。標語のような言葉は受けるようだ。5月15日、平和行進のために、全国からたくさんの方が沖縄に集まる。戦跡や基地の現状を身をもっ知って帰る。問題なのは知ってどうするか、知った後、どう行動するか、だと思う。

【3】デイズjapan誌に短い文を書かせていただいた。物書きでもない私に、想いを綴っていいですよ、と。溢れる想いを伝えるには、私の言葉は貧困で、苦労でした。デイズjapanを購読していない方、ぜひ購読してあげてください。デイズjapanは、世界のいまを「伝え」ようと、少人数スタッフががんばっています。

Pic_2021

« 8月13日 | トップページ | コンサート情報 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月13日 | トップページ | コンサート情報 »