« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月15日 (水)

宮古・島唄ライブ

ひさしぶりに、沖縄の音が聞こえるライブです。

どぅたっちライブ vol.58 は

しもざと こうせい 【宮古を謳う】

3月19日(日)午後6時頃から8時頃

1ドリンク付 2000\ 追加ドリンク販売有です。

Kousei

これは、こうせいさんが、小学校のPTA行事で演奏しているときのものです。中越地震復興支援チャリティコンサートを開いたり、世の中にいっぱい目配りして、でも目立つことは好きじゃない人柄が、出会った多くの人を惹きつける、こうせいさんです。

月の光が満ち溢れるようなほっとする時間を、美味しい泡盛とともに過ごしませんか。どぅたっち、春の一押しライブです。

問合せは、(5974)1333  どぅたっちへの道案内は、カテゴリー・店周辺の地図をクリックしてくださいね。

2006年3月13日 (月)

3.21阿波根昌鴻さんの日

この写真は1991年、沖縄・伊江島のわびあいの里を訪ねて、阿波根昌鴻さんにお会いしたときのものです。

Ahagon

阿波根昌鴻さんが亡くなって3年経ちました。どぅたっち店内にはいつも写真が飾ってあります。阿波根さんの、「世界中の人々の命を思い、木々や、道に転がる石ころや、存在するすべてのものの命と意思に思いをはせる生き方」は、どぅたっちの私たちにとって、おおいなる教えであり、道しるべだからです。命どぅ宝を、生き方でしめした方です。伊江島に旅した方は、命どぅ宝の家の前で、阿波根さんのお話しを聴かれたことと思います。私も1991年、お話をきき、それから何度も伊江島に通いました。

命日である3月21日(火・春分の日)午後5時から

阿波根昌鴻さんを考えるひと時をすごします。

味わい深い阿波根昌鴻さんのお話のビデオ(80分)を、見たいと思います。お時間のある方どうぞお立ち寄りください。ちょっと、泡盛を飲みながらのひとときです。問合せは、5974-1333へ。

2006年3月12日 (日)

出会い

いろいろなお客様が来てくださる。

沖縄人かしら、と思うとつい、「沖縄ですか」と声かけてしまう。その上若い方だと、つい、さらに、「東京に来て長いですのですかー」とか「住まいはお近くですかー」と余計なこともたづねてしまう。親の心境。

昨日のお客様(2度目でしたが)は昨年12月に、ボクシング・スーパーフェザー級新人王を獲得したウチナー青年。

Maeshiro1

角海老宝石ジムにはいって、ひたすらがんばり8戦8勝だそうです。

自分でも怖いくらい、と言う躍進。これまでボクシングに関心はなかったけれど、ウチナー青年・真栄城くんを応援しようと思いました。ホームページ(ここをクリックしてね)をみてあげてください。次の試合は、ホームページでチェックして応援しましょう。

このブログの作り方を教えてくださったのも、ふらっと立ち寄ったお客様タイチ青年でした。おかげさまで、ありがとう!人との出会いが嬉しい、どぅたっちです。

2006年3月 4日 (土)

泡盛

更新できぬまま2週間

閉店したのかとの、心配の声も聞こえていました。

毎晩試みるのですが、なかなかネットにつながれず

でした。

Pic_0589

沖縄タイムスの3月1日付の報道によると、沖縄産の泡盛の2005年・県外出荷が11パーセント減だったそうです。日本の大手ビールメーカーが泡盛市場に参入したことも原因のひとつらしいです。一昨日、友人のお祝い会をするために、東京・池袋周辺の居酒屋に「泡盛はおいてありますか」、と電話をかけまくった。おいてありますよ。という返事は半分くらい。ボトルで取れますか、の質問にYESは一店でした。

皆さん、沖縄の経済・生産活動の発展にご協力を。

泡盛飲むなら、沖縄産。しっかりラベルを確かめてね。

泡盛は、呑んだ翌日もさわやか、健康的アルコールですよー。

2006年3月 2日 (木)

渋さ知らズ・不破さんライブ

ご無沙汰でした。

ライブの報告です。3回目の不破大輔ベース・ソロライブ、ホットに終了。次回はギターと歌もおねがいしたいなぁ,と。

Fuwalive

そして、3月26日(日)はどぅたっち主催の渋さ知らズオーケストラコンサートです。

時/午後2時開場・2時半開演

所/上野水上音楽堂(最寄り駅・上野、湯島)

前売券/3000円   チケットはどぅたっち、あるいはチケットぴあで発売中

Sibusa

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »